病院で貰う膝の痛み止め薬にはどんなものがあるの?

病院で貰う膝の痛み止め薬には色々な種類があります。

【外用薬】
シップや軟膏やクリームやローションなど。
痛みを抑える効果は小さいものの、副作用がほとんどないのが魅力。
仮に生じたとしても、副作用もかぶれ程度のもので済むと言われています。
患部を温める、または冷やすことで、炎症を抑えて痛みを和らげるために使われる。
市販でも手に入るのも強みです。

【内服薬や座薬】
非ステロイド性抗炎症薬。
痛みを抑える効果が強い分、副作用が起こりやすいのが特徴。
飲むだけで使えるので手軽。
炎症抑制作用・鎮痛作用・解熱作用・関節痛に効果あり

【薬物注射】
ステロイド系抗炎症薬、ヒアルロン酸。
痛みを抑える効果が強い分、副作用が起こりやすい。
注射による感染リスクもあるので、注意が必要。
炎症を抑え痛みを和らげるだけでなく、膝関節の動きを良くし、軟骨の破壊を防止する効果が期待できる。

膝関節治療は、医師が症状に応じて適切な治療をしてくれるはずです。
医師を信じましょう。