膝関節の痛み止めであるボルタレンSRにはどんな副作用がある?

膝関節の痛み止めであるボルタレン。
医者から提供されることがあると思います。

ボルタレンをもらった際に、薬の注意書きに詳しく書かれているので、そちらを参考にするのが一番。
ここでは、もらった薬を参考に簡単に紹介します。

【効果】
炎症や痛みの原因とされるプロスタグランジンという生体内の物質ができる量を減らすことにより、炎症や腫れ、筋肉や関節の痛みを軽くします。
関節リウマチや変形関節症などの鎮痛・消炎目的に使用されます。

【副作用】
・胃の不快感
・胃痛
・腹痛
・浮腫
・かゆみや発疹
・頭痛
・眠気
などがあります。
場合によっては、
・冷汗や呼吸困難や意識障害や蕁麻疹、アナフィラキシー
・胃痛、吐血、下血(黒色便)[出血性ショックまた穿孔を伴う消化管潰瘍]
・発熱、皮膚の発疹・水疱、目の充血や唇・口内のあれ[中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、紅皮症]
・尿量減少、浮腫、頭痛[急性腎不全、ネフローゼ症候群]
・呼吸困難、息をすると喉がヒューヒュー鳴る[重症喘息発作(アスピリン喘息)]
などもあると言われています。

薬というのは、効果が強い分副作用を引き起こす確立も高いです。
そのため、使用される際は次のことに気をつけてください。

・処方されたときと変わっていないか?(体調を崩したり、妊娠、病気や事故になっていないか?)
・飲んだ後に体の調子が悪くなかったか?
・用法、用量をきちんと守る
いずれも大丈夫だと確信したときだけ使用することが大切です。

気になる場合は、必ず医師に相談した上で使用するようにしましょう。