膝の痛み止めの飲み薬は痛みを止めるだけで治療効果はないの?

膝の痛み止めの飲み薬は痛みを止めるだけで治療効果はないです。

文字通り「痛み止め」です。
痛み止めというのは、炎症を抑えたりするに過ぎません。
痛みの元である原因物質を取り除いたりする効果はないのです。
ですから、応急処置的な治療だと思ってもらうといいかもしれません。

真の治療は、原因物質を取り除いていくことと生活習慣の改善。
薬だけに頼るのではなく、悪くなった要因を探り、同じ過ちを繰り返さないような生活習慣を送ることが大切なのです。

痛み止めというのは、たいてい非ステロイド性抗炎症剤です。
これは、痛みに対して即効性がある分、効き目もその時しか効果がないというもの。
炎症が起こって間もない場合は効果がありますが、日数が過ぎたり慢性化しているものだと効果がうすいと言われています。

痛み止めの怖いところは、耐性。
急に頭が痛くなった場合、すぐに薬で治すというのは効果的です。
治ったあとは、頭が痛くなった原因を探り、同じ過ちを繰り返さないことが大切。
事あるごとに薬を飲めば治ると思うと危険です。

痛み止め(シップも)を何度も使用していると、体がその効き目に慣れてくるのです。
そうすると、痛みの元となる成分に対して効き目がうすくなってしまうのです。

自分の体には免疫力という素晴らしい治療があります。
免疫力を高めることで、色々な病気にかかりづらくなります。
そのためにも、日ごろの生活習慣の改善とともに、軽いトレーニングも行いたいところですね。